ビビが、眠りにつきました

2012年05月12日

私の大切な皆さん、1時間程前に、
ビビが永遠の眠りにつきました。

心ある獣医さんが、22時ごろに電話を下さいました。
肺炎のせいで息が苦しく、もちそうにないと。

選択肢は3つ・・
何とか延命させて、1%の確率にかけるか、
(深夜に病院内で亡くなる可能性高い)

家に連れて帰って、今夜看取るか、
病院で安楽死を迎えるか・・

三人で話し合いました。

仰向けになり、苦しそうに息をするビビ
目は開いていますが、口呼吸をして
「苦しい・・苦しい」と言っている気がしました。

私達は決断し、私の腕の中で、ビビは覚めない眠りに落ちてゆきました。


オレっちは旅立つけど・・
ちゃらん・ぽらん が心配だなぁ。


聖書の中で、ソロモンは
「生きている者は自分が死ぬことを知っている。
死んだ者には何の意識もない」
と述べていました。
(伝道の書 9:5)

ビビは苦しみから解放され、
この世への未練もなく、私達や、
ここで心を寄せて下さった皆さんの記憶の中で、
生きてくれるのだと思います。

皆さん、ビビを愛して下さり、
本当にありがとうございました。

とても、とても幸せな子でした。

ビビに代わり、心から感謝申し上げます。


Posted by きらりん母チャン at 00:37 │Comments( 14 )
この記事へのコメント
ビビが永遠の眠りについたのですね…

悲しいよ
言葉がみつからないんだけど、文字を打っちゃ消ししてるんだけど…愛されて逝ったビビは幸せだったと思いますよ
Posted by るんるんの母 at 2012年05月12日 02:32
お母ちゃんの腕の中で、穏やかに眠りについたのですね

私にも、安楽死を選択した子がいます

病院で、最後の最後のその時まで、怖くないよう、手を握って話しかけた自分のことと重なりました

ビビちゃんも、お母ちゃんが、ついててくれて何も怖いこともなく、静かに静かに眠りについたのでしょう

きらりん母ちゃんさんは大丈夫ですか

疲れたのと、気が抜けたのと、分からない感情だと思います

ちゃんと休んでくださいね
Posted by ちー at 2012年05月12日 04:38
決断することがどれだけ大変だったか…

ビビは、腕の中で、安らかに眠りにつけて、幸せだったと思いますよ。

私の中では、ずっとビビは、いるし、ビビ、ちゃらん、ぽらんはずっと、一緒です。

きらりん母ちゃんさん、お疲れでしょえう…

休める時は、休んでださい
Posted by しずくねこ at 2012年05月12日 04:51
母ちゃん、大丈夫ですか?元気になって、戻ってくると思ってたのに、残念です。

でも、母ちゃんに抱かれて旅立つ事が出来、幸せだったと思います。

母ちゃんが、心配です。
ゆっくり休んでください!って言いたいですが、他にも沢山息子や娘がいるので、そう言う訳にもいかないですね

今は、ビビ君が寂しくない様にそばにいてあげてください。

ちゃらん、ぽらんは、きっと病院の消毒の匂いと、動かないお兄ちゃんをみて、ショックで、シャーッと言ったんだと思います。
Posted by エルモ at 2012年05月12日 04:57
きらりん母ちゃんの腕の中で旅立つことができたこと、こんなに幸せなことないですよ。

最後まで自分がどれだけ愛されていたか感じることが出来たのではないかと思います。

人は死して死なない。先日江原さんが言われてました。

猫も同じ、だって家族だから


またきっと必ず帰ってきます。今度は白血病ではなく元気な身体でね


きらりん母ちゃん、必ず見つけてあげてね


我が家にも昔飼って猫の生まれ変わりだと思われる仔がいます。


だからきっとわかりますよ
きらりん母ちゃん、お疲れ様でした。入院生活が短かったこと、ビビの優しさと心遣いだと思います。



残されるものは悲しいけど思い出はなくならないから


ありがとうビビ、ありがとうきらりん母ちゃん



携帯からなので読みにくかったらごめんなさい。
Posted by ごえちゃん at 2012年05月12日 05:34
昨夜はメールありがとうございました。
ビビさん、逝ってしまったのですね。
苦しい決断を迫られて、きらりんさんの
気持ちが痛いほど伝わって来ました。

私もたくさんの励ましのコメントを
頂きました。
小さな命をつなぎながら、去りゆく命も
見送らないといけない、ひととして当たり前の
いとなみなのですが、やはり心が引き裂かれる
ようですよね。
でも、見守ってくださる方々がいらっしゃるので、
何とか乗り越えられるのでしょうね。
これから,また小さい子だたくさん保護されるでしょうが、
無理しないで下さいね。
Posted by いち号に号 at 2012年05月12日 08:01
おひさです

ビビどん、お疲れ様でした
大変だったけど、大スキな母ちゃんの腕の中で
眠りにつけて幸せだったよね

大丈夫だよ
ちゃらんぽらんは
あなたの遺志を継ぎますにゃん

BY.おんなじ黒すけのJACKどん
Posted by blacksallyblacksally at 2012年05月14日 10:06
☆ るんるんちゃんのお母さん

こんにちは。ご無沙汰しております。
お返事がすごく、遅くなってしまって
すみません。

たくさんの文字を打って下さり、
ありがとうございました。

そのお気持ちが本当に嬉しいです。

愛されて逝く子もいるし、無碍にされて
亡くなる子もいる、
ビビは皆さんに好かれて、たくさんの笑いも
残していってくれました。

でも・・ビビがいない毎日はやっぱり寂しいです。
ご主人様にどうぞよろしくお伝え下さいませ。
Posted by きらりん母チャン at 2012年05月14日 10:25
☆ しずくねこさん

お返事、遅くなってしまって申し訳ありません。

あの日は、あんなに深夜に電話してしまって、
すみませんでした。

あと、猫に羽が生えた天使の置き物、
本当にありがとうございました。

あのように美しい場所で、
他の猫達と遊んでいるかなと思うと慰められます。

しずくねこさんには、ずっと良くしてもらって・・
これもビビがつないでくれたご縁でしょうか。
とても感謝しています。

ちゃらん・ぽらんはどうして良いか分からないらしく、
下に下りたり、父チャンの部屋に行ってみたり
うろうろしています。

ビビを探しているのでしょうか?
今日はお骨を取りにゆきます。
心が一段落しそうです。

本当にありがとうございました。
Posted by きらりん母チャン at 2012年05月14日 10:42
☆ ちーさん

お返事が遅くなってしまいました、
申し訳ありません。
ビビのいない週末を、ぼーっと過ごしてしまいました。

ちーさんも安楽死の選択をした子がいるんですね。
とっても難しい選択・・
安易には選べないけれど、もがき苦しむ子にとって
最善だと思われるなら、勇気をもつ事も必要だと感じます。

ストンと眠りに落ちるみたいで、
とても安らかな表情でした。
家で大の字になって寝ている、いつもの寝顔でした。

今日午後にお骨を取りに行くので、
ビビにはまた会えます。

心を寄せて下さり、本当にありがとうございました、
Posted by きらりん母チャン at 2012年05月14日 10:50
☆ エルモさん

エルモさん、こんにちは。
コメントありがとうございました、
お返事、とっても遅くなってしまってスミマセン。

本当、元気になって帰ってくると私も思っていました。
いつか、笑い話になるだろうとも思っていました。

まさか、あんなに苦しむ事になり、
選択を迫られる事になるとは・・

また正直、ここで安楽死を選んだ事を書くと
ヒンシュクをかうかもと思っていました。

ネットの掲示板などで、安楽死は絶対反対!
みたいな人をよく見かけるからです。

でも、皆さん、自分の事のように受け止めて下さり
本当に救われました。

苦しみもがくビビを早く楽にさせてあげたかった・・
皆様がこの気持ちを分かって下さり、
本当に慰められました。

ちゃらんぽらんは病院の匂いに
反応したんですね!さすがエルモさんです。

週末はお会い出来る事が楽しみです。
値切りは任せて!!
Posted by きらりん母チャン at 2012年05月14日 10:59
☆ ごえちゃん隊長 さま

お返事が遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。
何もする気にならず、ウツウツしていました。

ビビに心を寄せて下さり、本当にありがとうございました。

私の腕の中で旅立てた事を幸せと言って下さり、
何かほっとして、力が抜けました。

夜中に慌てて行ったら、もう虫の息だったのですが
それでも私達夫婦を見たら、首をあげて
「父チャン母チャンやっとキター」みたいな
顔をしてくれました。

あの表情が忘れられません。

隊長の仰られる通り、入院期間が短かったのも
あの子の気遣いかもしれません。

木曜日の昼に入院して、金曜の夜ですもの・・
デッカイながら、以外と気遣いの出来る子だったのかな。

これからも心枯れずに頑張ります!
ありがとうございました。
Posted by きらりん母チャン at 2012年05月14日 11:06
☆ いち号に号さん

お返事遅れて、申し訳ありませんでした。

仔猫のお世話、おつかれ様です、
まだ離乳食とミルクの間なんですね、
大変な時期ですよね。でも・・可愛いですがね!

ビビは、私の手元から旅立ってゆきました。
とし子さん、うちの仔猫、ビビ、悲しい事が続きます。

本当に・・小さな命をつなぎながら、
去る命も見送らなければならない、
自分が選んだ道とはいえ、重なると辛いです。

自分の選択がその子の命取りになる時もあるし。

仰られる通り、人として当たり前のいとなみなんてすが、
介入せずに生きられれば、どんなに楽かと思います。
例えば、猫が大嫌いとか(おいおい)。

明日はケガをして、脳障害っぽい猫が来るんですよ!
必死に生きています。うちの子にする事を決めました。

お互いに、なかなか引退出来ませんね・・

日曜日は気をつけてお越しくださいね。
楽しみにしております。
今回は本当にありがとうございました。
Posted by きらりん母チャン at 2012年05月14日 11:20
☆ blacksallyさん

お久しぶりです!お元気でいらっしゃいますか?

ビビに暖かいお言葉、ありがとうございます。
安楽死の事も、受け止めて下さり
ほっとしました・・

ちゃらん・ぽらんはどうして良いのか分からない様子で、
ひたすらウロウロしています。
シェンロンも身の置き場がないって感じです。

早くトリオを結成して欲しいものです。

午後から、ビビのお骨を取りに行きます。
皆さんの暖かいお言葉を、
真っ先に伝えようと思います。

本当にありがとうございました。
JACK君に、どうぞよろしくです!
Posted by きらりん母チャン at 2012年05月14日 11:25
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ビビが、眠りにつきました
    コメント(14)