リヒトCLUB 11月ご報告

2014年12月01日

今日から12月。さすがに寒くなってきましたね雪
これから風邪などが流行りますので、皆さんどうぞお気をつけて下さいね。

さて・・11月のリヒト先生ですが、調子が悪く通院の繰り返しでしたダウン

しかもありえない事に私が力尽きてしまい、リヒトを前からお世話して下さっている
栄福さんのお言葉に甘え、今預かって頂いています。

諸事情あり、1階に帰ってきたリヒト

「母チャーン、ホットカーペットの電源入ってないヨ~!!!
「えっ 栄福さんち?オドロキ 行く行く、行くに決まってるじゃん
早よ準備してーや!!!


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

みなさんのリヒトを想うお気持ちの、
リヒトクラブの会計ご報告です。

10月残高  50,830円
11月支出  25,326円
クラブ残高 25,504円


~支出について~
 今月は膀胱炎になり、血尿が頻発。膀胱洗浄と抗生物質投与で
 診察費が多大にかかりました。

①11月20日~24日 4日間入院  
  抗生物質注射3回 点滴3回 膀胱洗浄3回 導尿処置  18,684円
② 〃 28日   点滴、抗生物質注射 超音波  3,402円
③ 〃 29日   点滴 抗生物質注射  3,240円

②と③は栄福さんが通院して行って下さっています。

ありがたい事に、私一人でかかえこまないようにと、
現在も、リヒトを預かっていただいています。

今週末位にはお迎えに行く予定ですクルマ

皆さん、栄福さんアメリママさん、いつも本当にありがとうございます。

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

そして、11月は悲しい出来事がありました。
我が家の最古参、下半身不随だった「ひかり」が肝硬変により
旅立ってゆきました。15歳でした。

足が動かないので、頭カキカキされるのが大好きでした



最期に獣医さんで計ってもらった体温は34.8度。
アンモニア値は877(正常値23~78) もうケイレンがきてもおかしくないと言われました。

帰宅したひかり。ぼーっとしています。



生ある写真、一番最後です。



2日間、軽いケイレンがおき、意識がなくなりました。
11月23日 朝4時に危篤になり、朝10時過ぎに旅立って
ゆきました。

獣医さんによれば、値が300を超えると幻覚などを見るそうです。
ひかりは、どんな幻覚を見ていたのでしょうか・・

痛み苦しみはないので、安楽死の選択はせず、少しでも楽なように点滴のみ。
自然に意識がなくなり、私の元から旅立ってゆきました。

ひかりが来た時の記事です。お時間がある時に見て下さると
とても嬉しく思います。
http://kirarin.miyachan.cc/e133479.html

特にこの子は人の気持ちに敏感で、私が悩んでいたり、落ち込んでいたりすると
前足だけで必死に歩いてきてくれて、小さな舌でペロペロ舐めてくれていました。
とても愛おしい子でした。

命というものは、いつまでもそこにあるものではない、
動物も人も・・命は儚いけれど、生き抜く強さを教えてくれた子です。

泣いてばかりはいられません。この子が一歩一歩歩き続けたように、
リヒトも歩き続けているように、私も、歩き出さなくては・・

ちゃらん「そーだ、母チャンは回りに甘え過ぎちょる!
・・アナタに言われると気合が入りますな。



それにしても、あなた達が羨ましいです。私のお昼寝の場所は
あーりませんね大泣き



シェンロン「うーーーん?



シェンロン「命を全う出来るって、それだけで幸せじゃないかな?
僕なんて、保健所からきたんだし。生きれない子だっているんだよ?」


よっし、そうだそうだ。歩き出そう

全員「その意気だーーー」(私達は起きないけどね)





Posted by きらりん母チャン at 12:50 │Comments( 2 )
この記事へのコメント
ひかりちゃんときらりん母さんの絆、一生の宝物ですね。
ひかりちゃんの優しい目忘れません。ひかりちゃん本当にお疲れさまでした。そしてありがとう。
きらりん母さん、ひかりちゃんの灯してくれた光大切にしたいですね。

話しは変わりますが、シェンロン君、ニャン相変わった?
私の気のせいならいいけど...
ちゃらんちゃん相変わらず可愛いニャン相ありがとうね。
Posted by りん母 at 2014年12月01日 17:07
☆ りん母さん 

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
本当に、一生忘れられない絆です。
りん母さんが仰られるように、私もお疲れ様、
ありがとうという気持ちで、胸がいっぱいです。

ひかりがいなくなった部屋は、すごく寂しいです。
あの子が、こんなに大きな存在だったなんて、
知ることもなく・・亡くなって分かるものですね。

シェンロンは可愛くなりました~。
前は「生きるのを諦めていた感」がありましたが、
足に障がいは残ったものの、青春まっしぐらです。

ちゃらんは変わりようがないですね。

りん母さんと、りんたろうくんに
たくさんのひかりがふりそそぎますように。
Posted by きらりん母チャンきらりん母チャン at 2014年12月01日 19:20
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
リヒトCLUB 11月ご報告
    コメント(2)