NeverEnding Story

2011年10月04日

とってもお久しぶりの更新になってしまいました。
日ごとに秋を感じますね、
皆さんお元気にお過ごしですか?黄きのこ赤きのこ緑きのこ
--------------------------------------------------------------------------------

先月の初め、友達からメールが届きました。
「子ども(Kちゃん)が衰弱した仔猫を連れて
帰ってきた大泣き
動物病院を教えてもらえないか」という内容でした。

添付写真を見て、正直、厳しいだろうなと思いました。


小春が亡くなった4日後に現れた仔猫、心が揺さぶられました。

慌てて行くと、Kちゃんが泣きながらこの子を抱いていました。
仔猫は力なく首を垂れています、体温も下がっていました。

お母さん譲りの、Kちゃんの大きな目から、
大粒の涙が流れていました。



予期しなかったのは、歯並びと体重でした。
歯が生え揃っているのに、すごく軽い・・不自然です。

3人で病院に行ったら、生後3ヶ月弱位、
体重が350gしかない事が分かりました。

もう何日も食べていないだろうとの事でした、
心ある獣医さんが、懸命に処置をして下さいました。

せめて名前をつけてあげてとKちゃんに言ったら、
考え込んだ後「片目だけでも残って、強く生きてくれるように、
独眼流政宗のマサムネがいい」と呟きました。

私が連れて帰りましたが、
その夜、天国に旅立ってゆきました。
午前3時30分でした。


翌日、遺体を連れてゆきました。家族三人で静かに
見送ったようです。
マサムネ君の命ある最期の写真です星


帰り道、車に入れっ放しだったMP3から、
昔懐かしい、ネバーエンディングストーリーが流れてきましたレコード

「ああKちゃんと、マサムネ君の物語が始まったんだ」と思うと、
どっと涙が出てきて、車を寄せて泣いてしまいました。

命を救う事は出来なかったけど、このコはKちゃんの心に
残るために、生まれてきたように思えてならないのです・・

                クローバー

Turn around, look at what you see.
In her face, the mirror of your dreams...

見回して あなたが見えるものを
彼女の顔には あなたの夢が映っている

わたしは何処にでもいるつもり
光の中で与えられた ページに描かれたことは
果てしない物語の答え

星に手を伸ばそう 幻想を飛び 夢を見る
そして あなたが見るものは 秘密を守る詩になる
雲の後ろに広がっていく 虹の上にあるのは
果てしない物語


               クローバー

みなさんの心の中に、物語はいくつありますか?


Posted by きらりん母チャン at 23:22 │Comments( 6 )
この記事へのコメント
小春ちゃんの旅立ちから・・
また別れがあったのですねuu*

可愛い黒猫ちゃんだぁ・・

こんな小さな命が絶たれるのゎ・・・悲しいですよねTOT

命あるもの・・・大切にしていかなくては・・uu*


。。きらりん母ちゃんさん^^
お元気ですか?
ゆーたクン大きくなってて感動♪

なんだか冷えだしましたww
お体ご自愛くださいませuu*
Posted by いちご☆ at 2011年10月05日 10:47
ご無沙汰です

小春ちゃんのこと
マサムネ君のこと

今、仕事で行き詰っていましたが
なんだか
私の悩みなんてちっぽけだなって
感じました

私もJACKを保護した時のこと
ふと思い出しました

同じ黒猫だから
余計に
切なくなりました

でも、
きちんと見つけてもらえて
見送ってもらえて
猫ちゃんたちは
きっと天国で
幸せに走り回っているでしょう
Posted by blacksallyblacksally at 2011年10月06日 12:54
★ いちご☆さん

すみません、ご無沙汰しておりました!お元気ですか?
この季節になると、土日スポーツ関係で埋まっているのではないでしょうか。車の運転、気をつけて下さいね!

ホントに、こんなに小さな子が死んでいかなければいけない日本って、何だろうなと思います。

最初順調に成長していて、その後急に食べられなくなる事情が出てきて、やせ細っていったみたいです。

歯がビッシリときれいに並んでいるのに、あの軽さ・・どんなにお腹が空いていたのかと心が痛みます。

ゆーちんは大きくなりましたよ♪
また、ブログに遊びにゆきますね~☆ 
いちごさんも、お体に気をつけて。
Posted by きらりん母ちゃん at 2011年10月06日 13:05
★ blacksallyさま

こちらこそ、ご無沙汰しておりました。心を寄せて下さり、ありがとうございます。

いつかは旅立つのが命だと思いますが、社会の隅っこでお腹を空かせて衰弱してゆくだけの命なんて、存在に心が痛みますよね。

でも仰られる通り、このコは見つけてもらって良い方で、幸せだったと思います。
人知れず死んでゆく子の方が、絶対多いはずなので・・

blacksallyさんもご無理をされませんように、JACKちゃんに癒されて下さいね。

ありがとうございました。
Posted by きらりん母ちゃん at 2011年10月06日 13:12
こんにちは。

小春ちゃんの旅立ちから、数日も過ぎていないのに、こんな事があったのですね。。

家は、今のところしーちゃん、タヌ、ちょっと心配な潤君が、おりますが、なんとかやっております。

でも、潤君が来なかった日は、やっぱり心配で、夢にみたりしてしまいます。

どうして、猫には、過酷な世界に人間は過ごしているのだろう。。

お友達と、マサムネ君もきっと出会うべくしてであったのでしょうね。。

虹の橋を渡ってしまったけど、お友達にもきっと猫の神様がついているはずです!!
Posted by しずくねこしずくねこ at 2011年10月10日 17:21
☆ しずくねこさん

しずくねこさん、こんばんは。
少しずつ寒くなり、外猫の気になる季節に移っていきますね。

しーちゃんタヌちゃんは元気ですか?潤君は姿を見せない日もあるんですね、何という親不孝ニャン・・一日一回は出勤して欲しいものですよね。

私も、どうして猫達はこんな過酷な世界にいるんだろうと思います。

一見、平和で何の不自由もないこの世界、この国。
その隅っこに、ひっそりと猫達がいます。社会のひずみの中にいるような気がしませんか?

良い人が側にいればいいけど、そうでない人もいる。猫達は自分の運命を人間社会にゆだねるしかありません。

動物にも先進国であって欲しいと思います。

お友達へのメッセージありがとうございました。
元気づけられると思います!
私達も、頑張りましょうね!!
Posted by きらりん母ちゃんきらりん母ちゃん at 2011年10月10日 18:09
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
NeverEnding Story
    コメント(6)