きらりん

2010年12月24日

きらりんが・・私の大切なきらりんが病気になってしまいました。



水曜に吐いているなと思っていましたが、
昨日急にぐったりしてしまい、意識がなくなりました。
獣医さんのご好意で、病院に走ったら
「急性腎不全」「低血糖」「尿毒症」との事でした。

全くの原因不明で、「正直厳しいです、覚悟が必要です」と
言われました・・
でも、先生は一生懸命処置をして下さいました。



さっき面会に行ったら・・生きていてくれました。
意識が戻り、私の匂いを感じ取ると
ニャーニャー鳴き始めました。
見えない目で、私を必死に探してくれてました。

保健所で出会った、あの日のように・・



数値が少し良くなっていました。素晴らしい獣医さんです。

厳しい状態は続きますが、旅立たないで・・
光のない世界かもしれないけど、もう少し生きて・・
まだ羽を生やさないでと祈るばかりです。

今夜はクリスマスイブ、奇跡がおこる事を願いつつ。
そして、皆さんや動物たち、
すべての命に光が降りそそぎますように。


きよし この夜 御子の笑みに
恵みのみよの あしたの光
輝けり ほがらかに



Posted by きらりん母チャン at 13:19 │Comments( 2 )
この記事へのコメント
今年のクリスマスは、いろいろですね。

でも、どの猫ちゃんにも言えることは、やっぱり、感謝しているのかな。。。

感謝して、頑張る子。感謝して虹の橋を渡る子。

今年のクリスマスは、私にとってもまた「命と猫」を考える機会を与えてくれました。

やっぱり、どんな猫ちゃんでも飼い主はわかるのですね。。
旅立ったニャンは、その日の夜に友人が行くと、ニャンと鳴いて、首を少し上げたそうです。。

愛情を受けている証拠ですね。
友人のニャンは、感謝して旅立ちましたが、きらりんちゃんは、奇跡が起こりますよ!!絶対に!!
まだまだ橋を渡るのは早すぎです!!
きらりん母ちゃん さん。寒いから体調気をつけてくださいね。。
Posted by しずくねこ at 2010年12月26日 17:28
☆ しずくねこ さん

暖かいお言葉、ありがとうございました。
そうですか・・旅立った猫ちゃんがいるんですか・・ ニャンと鳴いて首を上げたなんて、もうすべてを分かっているんですね。

「その時」が近くても、真っ直ぐに見据えながら旅立つなんて、人間には出来ないかもしれませんね。

その子が無事に虹の橋を渡れますようにと
お祈りしています。

きらりんは意識が殆どなくても、私の呼びかけに少しだけ反応していました。
目が見えないので、音だけがすべての子、
その世界はどんなものなのでしょうか。

きらりんが見る夢は、光のない真っ暗な夢なのかと思うと、寝ている姿を見ていて涙が止まらない時もあります。

でも、そんな悲壮感はありません。
きらりんなりに、頑張っているんですよね。

しずくねこさんの仰るとおり、まだ橋を渡るのは早いですよね。
もう少しだけ、一緒にいたいです。
帰ってきたら、24時間一緒にいたいです。

希望を持って明日も病院に行ってきます。

ありがとうございました。
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年12月26日 22:48
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
きらりん
    コメント(2)