針金と旅をしていた子

2010年10月05日

最近見かけるようになった、猫がいます。

ボロボロの首輪が、以前幸せな飼い猫だった事を物語っています。
細菌性のものか目はつぶれ、鼻血が出ています。
歩き方も素人目に変・・

一番心が痛むのは、首に太い針金が巻かれていた事でした。

今日、やっと捕まえる事が出来ました。
太い太い針金が、何重にも巻かれています。

針金で擦れて、首の毛は殆どありませんでした。
幾重にも巻きついている針金、切り口は鋭角で
見た事もないような締め方がしてあります。

泣きながら針金を少しずつ解いていきました。
固くて固くてなかなか解けず、指を切ってしまいました。

「憎悪」
人間がこの子に抱いていた気持ちは強い憎しみだと思いました。

首輪と針金が取れ、改めて見てみると
足の指がありえない方向に曲がっている事に気付きました。

事故に遭ったような外傷はなく、
ただ骨だけが不自然に曲がっています。
一番外の指が、真ん中に来ていました。
人為的なものだと思いました。

ボロボロの首輪と泥だらけの太い針金が、
この子の長い旅を物語っています。

「捨てられて、社会の隅っこで生きていたいだけなのに・・」
その子の心の叫びが聞こえました。

猫に憎悪を抱く人間がいるなんて、いるんですね。
どんな人なんでしょう。もはや心は人ではないのかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------------------------
夏も終わり、扇風機奉行から開放されたニャース 
「小春姉ちゃんのグルーミング中です」
(小春の服は洗濯中)


ニャース「もちろん、自分もペロペロペロ・・」
小春「ベロ、長いねー」


「今忙しいからさ、母ちゃんに構っている暇なーいの」

---------------------------------------------------------------------------------------
懸命に生きるコに、どうか光を・・




Posted by きらりん母チャン at 20:29 │Comments( 8 )
この記事へのコメント
きらりん母さん、こんばんは。
すごく悲しいですね。
胸が締め付けられる思いです。
今、きらりん母さんのブログをずっと読み返していて、改めて猫ちゃんってかわいいなって思いました。
全ての猫ちゃんが幸せになれますよう、心から願ってます。
Posted by テリエテリエ at 2010年10月05日 21:35
★ テリエさん

こんばんは。暖かいコメントいつもありがとうございます。

本当に悲しい事です。悲しいし、こんな人間が普通に生きているという事に脅威を感じます。

ブログ読んで下さってありがとうございます。猫は可愛いですよ~、テリエさんのようにある意味美を追求したようなしなやかな体(心はやんちゃだけど)、誇り高く生きる姿。敵わないなぁと思います。

猫たちの幸せを祈って下さり、ありがとうございます。祈りは力になると信じつつ・・
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年10月05日 22:32
なんなのでしょうね…
小さな猫の子に向けられる憎悪って…
きっとその子は、可愛い首輪をつけてもらったころの可愛がられた記憶があるがために、恐ろしい人間にも、近づいてしまったのかもしれません
悲しくなります
記憶を全て消してあげたいです
こんな恐ろしい感情を持ったまま、普通に生活している人間がいるのですね
とても悲しく、恐いことだと思います
Posted by ちー at 2010年10月06日 00:00
朝からお邪魔いたします☆そのニャンにとってきらりん母ちゃんさんに出会えた事が、幸運な事だったのでしょう…
でも、きっと他のいろんな方が見ていたんでしょうね…どんな思いでその子をみんな見ていたのでしょうね…(泣)心痛めた方もいらっしゃるでしょう…でも、なかなか手を差し延べる事も出来ない事情があったり…
私はまだそんな子にであってはいないですけど、同じ人間として自分より弱い者に対してそんな事する人がいる現実にショックです…なぜ…なぜ…
まだまだ貯金箱にお金が貯まってませんが、いつかいっぱいにしてきらりん母ちゃんさんのご友人の方に届けたいです!
ニャンはかわいいぞ作戦!一人で継続してます!
Posted by しずくねこ at 2010年10月06日 07:54
★ ちーさん

本当、小さな猫に向けられる憎しみって、何なんでしょうね。私も全く理解不可能です。

針金はギチギチで、とても人の力では無理で、ペンチか何かの器具で締めたのだと思います。

少しでも太ったら首に食い込んで死んでしまう、最も残酷な締め方でした。生きる事さえ許さない、じわじわと苦しんで死ねばいい、
そんな気持ちが伝わってきて、背筋が寒くなりました。

仰られる通り、可愛がられていた記憶がある為にそんな目に遭ってしまったのでしよう。

もう人には近づくんじゃないよと私も心を鬼にして、冷たく接するようにしています。
寂しい事です・・・
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年10月06日 10:41
★ しずくねこ さん

仰る通り、きっと大勢の人が、あのコの前を通り過ぎて行ったと思います。
心優しい人、何とも思わない人。
何人いたのでしょうか。
また、どれ位、季節が流れていたのでしょうか。

実際、近所でも噂になっていて、捕まえて外そうとしていた人がいました。でもなかなか捕まらなくて・・私も何度もチャレンジしていたのですが毎回失敗に終わっていました。

ある種類の人間の心には鬼が住んでいるのだと思います。自分に不都合な事が出てくると残酷な部分が顔を出し、弱い者を傷つける事でバランスを取ろうとするのだと思います。
暴力は物言えぬ犬猫に向かってしまいます。

本当にしずくねこさんは純粋な方で、ほっとします。猫は可愛いぞ作戦、私も仲間に入れて下さい!
入会金は・・シールでいいですか?
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年10月06日 10:56
はじめまして じゃい子です。
ペットを殺したり・虐待をする人は、その内異常な犯罪を犯したりする事有りますから 怖いですね~被害に合うのは非力なペットや人間ですから

ペットは虐待するために飼うんじゃないのに腹たちますね

猫ちゃんが早く回復してくれるといいですね
Posted by (株)探偵POC(株)探偵POC at 2010年10月06日 14:39
★ じゃい子さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

動物虐待はどんどんエスカレートすると聞いていましたが、本当なんですね。最後はホームレスさんや年老いた親に矛先が向きそうです。異常な性格の持ち主だと思います。

本当に、虐待される為に生きているんじゃないのに。

針金の猫ちゃんはさっき見かけて安心しました。クリーニング屋でもらうようなハンガー、あれ位の太さの針金をギッチリ巻かれていたんですよ!異常ですよね・・

針金の重さから開放されましたが、今度は寒い冬がやって来ます。捨てられたペットは社会の片隅で生きていくしかないのですね。

力のひずみを感じます。
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年10月06日 19:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
針金と旅をしていた子
    コメント(8)