春を待っていた子

2010年01月24日

こんにちは。
ここ最近ではめずらしい、暖かいお天気ですね晴れ

今回の猫は~サクラ小春サクラでーす。
そろそろ6歳になる女の子、おっとり型で滅多に鳴かないおとなしい子です。

グレイとキジ、すごく可愛いでしょう?(毎度親バカすみませんです)
夫が「この子に早く春が来ますように」と『来春』とつけたのですが、
私が勝手に『小春』に変えてしまいました~


下半身不随ですが「ひかり」より重度で、
体の3分の1位しか動きません。
「前脚で歩く」というより「動く部分で這う」というような生活をしています。
爪をひっかけて、前進、ひっかけて前進という移動方です。
(うわぁーだから畳がボロボロなのかぁ)←今知ったのかよっ。

星星
昔、働いていた職場で「近くの団地に足が不自由な猫がいて
子供達が世話をしてた」と聞きました。

そうなると心臓はドキドキ、仕事なんて手につきません。
場所を聞き出し、出向きましたが夜になり
見つかりませんでした。

翌日休みを取り、また捜索開始、天気が悪くなってきたので
慌てて探しました。「・・ゃーん」「にゃーん」か細い声が!!

いた!見つけた!!やっと会えた!!

草むらの中から、首だけを必死に出して鳴いていました。

抱っこして車に戻った途端、
晩秋の冷たい雨が、車に音を立てて降ってきました。
「間に合った・・今までよく頑張っていたね」涙が出ました。


動物病院では問題発覚!!
右足が下で移動していたので、太もも部分の怪我がひどい!アスファルトがヤスリとなり、太ももをズタズタに傷つけていました。
筋肉はやられ、骨まで見えている状態です。タラーッ
見た事のない色の膿も広がっていました。

脊髄損傷で痛みを感じていないので、吸引法という方法で
壊れた組織を取り除き続け、新しい筋肉が巻くようにする
方向でいきましょうと言われました。

元気になり、目に光が戻ってきた頃・・退院を告げられましたサクラ
自宅の治療は精製水で傷を洗い流し、滅菌ガーゼで覆い、
ガーゼに膿と肉片を吸着させるという方法でした。
少しでも動くとガーゼが取れてばい菌が入るので、
メッシュ状のパンツを履かせ、不器用なので手間取りました泣き


    「早くケージから出してよぉ~飽きたよ」

季節は冬へと移り、2月も終わり・・
獣医さんから「よし、皮膚がつながった!もうケージから出してもOKですよ」と言われました♪

早速、小春をケージの外の世界に置きました。
嬉しそうな小春、一歩一歩、窓を目指します。
まずは自分の意思で、日向ぼっこをしたかったようです。
3月の暖かい日でした。




それから問題が出てきました。
後足の反射が強く、意思と関係なく足がケイレン、爪が体を傷つけます。
爪を切っても、やすりで丸めても、効果はなし。
靴下は勢いで吹っ飛んでゆきました。

服を作り一番掻く部分のフェルト(魚の部分)を5層にしてみましたがダメ、
延々と血しぶきが飛ぶくらい掻きつづけます。

獣医さんから、このままでは目を掻いて失明してしまう、後の爪を
落としましょうと提案され、手術を受けました。

もう1つは・・尿管が曲がり、オシッコが出づらくなりました。
傷が治るときに尿管を引っ張ってしまったそうで、
切開して治して下さいました。
素晴らしい獣医さんと出会え、この子は生きています。

でも、たまに悲しい気持ちになる事があるんです。

それは・・1ヶ月近く誰もこの子を拾ってくれなかったということ。
見つけた場所は200世帯はありそうな、大きな団地で、
子供達が小春にダンボールの家を作り、水をあげ、お菓子や草(ゴハンのつもりだったんでしょう)精一杯の世話をしてくれていました。
団地内の目立つ場所だったので、大人も知っていた筈です。

動物を飼ってはならないと規定があるのでしょうが、
小春の前を通り過ぎて行ったたくさんの方々に、
「一時保護」「一時入院」などの選択肢が
なかったと思われる事が、たまらなく悲しく感じられるのです。




Posted by きらりん母チャン at 17:14 │Comments( 9 )
この記事へのコメント
体の自由がきかないにゃんこを、よくみてこられましたね。

すごい!

私は人間は今まで仕事で看護や介護してきたけど、
動物は経験ありません。

大変さがわかるような
わからないような。

小春ちゃん、
よかったね。

綺麗な顔立ちですね。
Posted by blacksally at 2010年01月24日 22:29
初めまして。初回よりずっと読ませていただいております。
毎回きらりん母ちゃんさんと猫たちの出会いの状況を読んでは涙、
そして、その後きらりん母ちゃんさん宅で幸せそうに暮らしている写真を見てはまた涙です。
現在二匹の猫と暮らしていますが、以前クロという脊損の子がいました。
このブログを見る度にクロのことを思い出します。
クロは幸せだったかな…、もっとしてあげられる事があったんじゃないかな…、等々いろいろ考えてしまいます。
と、涙でモニター画面が見えなくなってきたので今日はこの辺で。
ブログ楽しみにしています!!
Posted by kikunyan at 2010年01月24日 22:31
こんにちわ。

体の不自由な猫をここまで回復させるなんて、涙が出できました。

同じことが私にできるかと思うと。。きっと無理でしょう。

泣いてばかりで、泣くことしかできないかもしれません。行動に移せるかわかりません。

まだまだ未熟な自分です。

きらりん母ちゃんのお家のにゃん達に会ってみたいです。

また写真たくさん載せてください。
Posted by しずくねこしずくねこ at 2010年01月25日 16:28
はじめまして
きらりん母ちゃんのお家はいろんな猫ちゃんが居るのですね~
障害を個性ととらえている姿勢、脱帽です・・・・
どの猫ちゃんもイイ表情していますね

我が家は去年まで癲癇持ちの猫がおりました
13歳で天国に行きましたけれども

どこの猫も、どこの犬も、皆幸せで長生きできますように(深々祈々
Posted by おさんぽあるみ at 2010年01月25日 19:10
☆blacksally さま

こんにちは。
いつも暖かい書き込み、ありがとうございます。
お返事遅くなってしまってすみません。

「綺麗な顔立ち」・・嬉しいです。ニヤニヤニヤ・・
何となくエキゾチックで可愛いんです~ニヤニヤ・・
(ここまでの親バカ、見た事ない。失礼しましたーっ)

病院や介護職に就かれておられたのですね、
スゴイです。人間の方が大変に決まってますよー!

夫が難病持ちなので、これまでたくさんの看護職の方に
お世話になってきました。
本当、その分野は聖職の域です。心から尊敬します。

そちらのにゃんずも楽しそうですね。ポットの上は大笑いでした♪
お互いに穏やかな毎日が送れると良いですね。
お体にはどうぞお気をつけて・・



☆kikunyan さま

こんにちは。初めまして。書き込みありがとうございます。
とっても嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

初回から見て下さっているなんて、感激しました。
初めてのブログで行き届かない所が多いのですが、
頑張ってうちの子自慢・・・ゴホゴホッ、
「うちの猫達」を載せていきたいと思っています。

脊髄損傷の子を飼っていらしたとか!?
ビックリです!なかなかそんな方にはお会いできませんもの、
クロちゃんに感謝・感謝です。
天国から縁を結んでくれたんですね、賢い子だねクロちゃん・・

二人三脚でよく頑張られましたね。。
大変だった事が多かったと思います。
クロちゃんは幸せに、思い残すこともなく旅立っていったと思いますよ。
虹の橋のたもと、自由な体で走り回っている事でしょう。
だから、泣かないであげて下さいね。

クロちゃん、kikunyanさん、ありがとうございました。
何だかとても励まされました。頑張ります!!
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年01月26日 15:27
☆ しずくねこ 様

こんにちは!いつもありがとうございます。
今日は暖かいですね、いかがお過ごしですか?

動物の回復力って、すごいですよねーー!
ほんの少し手を貸すだけで、奇跡の回復をしてくれます。
最後は歩き出す子もいる始末、何が起こるのか未知数です!

出会った時はやっぱり混乱するものですよー。
正直引いてしまう時もあります、みんな同じですよ、
ご安心下さい。

ボロ雑巾のような猫の体を抱いた時、もう運命は共にあります。
私を選んでくれてありがとう、
もうずっと一緒だからね!という気持ちになるんです。
しずくねこさんも、同じ気持ちになった事もあるのではと思いますが、
いががでしょうか?

お互いに、生活の中でまた、頑張れる範囲で、猫達を救ってゆければ
良いですね。細く長く1匹でも、お互いに頑張りましょう。
本当、いつかお会いしたいですね。
ありがとうございました。



☆ おさんぽあるみ 様

こんにちは。書き込みありがとうございますー!!
過日は本当にお世話になりました(宝石の名前の猫ちゃんやら、
Yさん邸のお世話などなど)。
こうやってブログで出会えるなんて、夢のようです。

改めて、よろしくお願い致します。

障害は個性・・なるほど・・実は考えた事もありませんでした。
ただひたすら、縁のあった子を入れ、頑張ってもらった結果、
こんなにバラエティにとんだ軍団になってしまいました。
「個性的」って、最上級の誉め言葉です。嬉しいです♪

おさんぽあるみさん宅の猫ちゃん・・てんかん持ちだったんですか。
聞いた事はありますが、症状が多様で
薬の量がすごく難しいとか。
二人三脚でよく頑張られましたね。いつか、そんな子を救おうとする
人がいたら、おさんぽあるみさんの経験が生きてくると思います。

少しずつ、障害を持ったワンニャンの輪が広がると良いですね。
私たち、そんな子達の力強さを知っている・・幸せですよね!
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年01月26日 16:39
きらりん母ちゃん
お返事ありがとうございます。

うちのにゃんこは、子猫の頃近所の人に石を投げつけられたりしていたようです。

今でも私達夫婦以外の人には懐かないし、玄関のチャイムが鳴っても、家の前に宅急便のトラックが停まっただけで、すぐに姿を消します。

本当に怖い思いをしたんでしょうね。。

そんな猫ちゃん達のために私ができることを模索中です。

これからもきらりん母ちゃんのお話いろいろ伺いたいです。

ブログ楽しみにしています。
Posted by しずくねこしずくねこ at 2010年01月26日 22:23
☆しずくねこ さま

こんばんは。今夜も冷えて、外の子達が心配ですね・・
ソワソワ・・

しずくねこさんちの猫、すごく可愛いです☆
うひひ~・・、いいいい、イカン、地が出ます。すみません。
どうして、どうして猫って、写真みただけでこんなに笑顔を
生むんでしょうね。もーたまらーん(河野武文風)

目がくるくるっとして、ふわっふわ☆
こら、たまらーん。←しつこい。

初めての冬、のんびりと一緒に過ごして下さいね。

しかし!この子に石を投げるとはとんでもない人間ですね!
許せません!!この子が何をしたって言うの!?
トラックが来ただけでそんな状態・・正直、そこまでの
怯えは聞いた事ないです。
体に何か当てられたり、恫喝されたりしたのでしょうか・・

たまに、異様な犬猫嫌いの人種がいますよね。
何なんでしょうか、あの部類は。
攻撃的で怖いです。また、心が貧しいのかなとも思ったりします。

時間がかかるかもしれないけど、どうか心の支えになって
あげて下さいね。しずくねこさんなら、安心です。

猫達の為に出来る事を思案中とか・・お気持ち分かります!
私も同じです!また共通点発見ですねー。
しかし、この世界、一歩足を踏み入れると
辛い現実を容赦なく見てしまい、傷つき悲しみ、
神経が擦り減り・・それが怖いですよね。

本当に動物ボランティアさんには頭が下がります。

我侭だけど少しは何かしたい・・ので、私は気持ちだけですが
折をみて寄付をするようにしています。
今の動物情勢に対し、何も貢献していないので、
罪滅ぼしの意味もあります。
労力が出せないので、せめてワンニャンのお腹を満たしたり
カイロの1個にでもなれば良いなと思って。

でもお財布事情が厳しく、何より
細くても、長く応援したいので金額は千円とか二千円とかです。
小額なので恥ずかしく、匿名でしれっとしています。

ボランティアさん方を、心から応援したいですよね。
きっと、今年はお互いに何か出来る事が見つかると思いますよ。
私たちにも出来る事が必ずある筈です。
猫達の為に、頑張りましょう!!
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年01月26日 23:30
私もきらりん母ちゃんさんと同じで、寄付という形をいまとらせていただいてます。
いろいろ考えました。でもきらりん母さんがおっしゃるとうり

「しかし、この世界、一歩足を踏み入れると
辛い現実を容赦なく見てしまい、傷つき悲しみ、
神経が擦り減り・・それが怖いですよね」

本当にそうなんです。
じぶんの性格を考えるとのめりこんで自分で抱え込んで、自分が壊れそうになりかねないな。。とおもっています。
自分がだめになったらできることもできないですもんね。

労力も出すことができない、そしたら寄付かな??でもなんかお金だけって冷たいきがしたり。。

年末家に人に慣れた首輪をした猫が迷い込んできました。
その日はとても寒くもう日も落ちています。

でもその子は私の周りをゴロゴロして離れません。
どうしよう!!ど思い猫友達に連絡!とりあえず一晩あずかって明日飼い主を探そうと思いました。

あいている部屋が1つあったのでそこに寝床をつくり私の家の猫とは接触させませんでした。でも家のにゃんこは落ち着きません。

その日のよるは一緒に寝てくれませんでした。家のにゃんこも一睡もしていないようでした。朝触ったらとても冷たかったです。ストレスだったんでしょうね。

次に日ポスター作成。ポスター張り。いろいろなところに貼らせていたたぎました。幸いその日の夜には飼い主さんがポスターを見て連絡くださり、お家に帰りました。

ボランティアさんがいかに大変か少しわかったきがしました。

迎えにきた飼い主さんが最後にいいました。「お宅も猫かっているんですね。」「はい。大丈夫です。接触はさせてませんから。」「いえ違うんです。うち、奥さんが喘息でもう飼えないって言ってるんですよ。。。」『そのときは相談させてください。」

どこか気持ちが晴れませんでした。

その後その猫ちゃんがどうなったのかわかりません。
捨てられていないことを祈ります。

またながながとすいません。
Posted by しずくねこしずくねこ at 2010年01月28日 00:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
春を待っていた子
    コメント(9)