「生きること」を望まない猫っていると思いますか?

2010年01月10日

今日は暖かい一日でしたね。
3連休の中日、いかがお過ごしですか?

親バカ丸出しでどんどん紹介している猫軍団・・
今回登場は イルカサヴァンイルカでーーす。




「ええっ?あんだって?」と言いたげな、写真ですみません。
昨年の夏から一緒に暮らしている、おっとりした男の子です。
成猫で出会った為、年齢不明です。

どうもこんな猫に縁があるのか、この子も脊髄損傷で
後駆麻痺でした。正直、あららら、また来たー思いました。

訓練すれば前脚だけでも歩けそうだし、人懐っこいし、
「排泄さえ手伝えば生きてくれるやろ」と甘い考えで入れ、
さらに「人並みはずれて(猫並み?)賢そうハート」と
「サヴァン(仏語で賢者という意味らしい)」という
気合の入った名前をつけました。




ところが・・見通しは大甘でした。
他の子と違い、オシッコ絞りが難しく時間がかかる猫でした。

しかも障害が重く、首と、前脚が少しか動かせません。
この写真でいえば(ごちゃついていてスミマセン)、生活圏は
ピンクのマットの上のみ。

左から水、真ん中にゴハン、右で寝る、それだけです。
たった3つの動作しか出来ません。

おまけにシッポがちぎれかけ、壊死が始まっていました。

排泄のやり方を変えようと動物病院で何度か教えて頂きました。
ところが、この子に生への執着がない事に気づきました。
「こんな姿にまでなって、生きたくない・・」そんな目でした。

何匹か外や保健所から猫を入れてきた私は
「目の前に来た子は運命の子。生かすのが使命」
「動物は未来だけを向いて生きている」と
勝手な信念を持っていましたが、
この子に疑問符を投げかけられました。

幸い少しずつ神経がつながり、今では不自由ながらも排泄は自力で
出来るようになり、私の手も必要がなくなりました。
おぼつかない足ですが、少しずつ歩き、室内で過ごすには十分です。

日なたで気持ち良さそうに寝ているサヴァンを撫でながら、
「もういいと思っていたのであれば、干渉して良かったのか」
「生きる道に戻したのは正しかったのか」を考えます。

サヴァンはゴロゴロ鳴くばかりで、何も答えてくれません。
一生懸命考えてね♪ ということなのでしょうか。


Posted by きらりん母チャン at 18:56 │Comments( 5 )
この記事へのコメント
きっと「せっかく生かしてもらった命、もう一度生きてみるよ」

って言っているのではないかな?

穏やかなとてもいい顔してますから(*^_^*)

きらりん母ちゃんさんと出会えてよかったと思っているはずですよ
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2010年01月10日 20:17
☆ごえちゃん 様

お返事、重ね重ねありがとうございます。
そうかしら・・そんな事を思ってくれているのだとしたら、
私もとても救われるのですが・・

一緒に暮らしていると、猫の表情や感情にうとくなってしまいます。
手がかかる子の世話だけになってしまう日もあったり。
たくさんいると愛情が薄まってしまう気がして、
申し訳なく思い、抱っこしたら引っかかれる日もあります。
(家の中のノラちゃん化)

「もう一度生きてみるよ」そう思ってくれているなら、
私にとって、こんなに嬉しい事はありません。
本当に嬉しいです。
これからも、この子の力になれるんでしょうか。

名前を呼ぼうとして「サ・・」と発したら、すぐに不自由な足で
来てくれるんですよ。親バカ丸出しですが、可愛いです。
夫は「日本的な顔じゃないか」といって「定吉」と呼びます、
それでも「さ・・」で来てくれるんです。嬉しいです。

せっかく助かった命、私も躊躇せず、一緒に生きてみます。
力強いお言葉、ありがとうございました。
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年01月10日 22:45
はじめまして。

うーん、
にゃんがおしゃべりしてくれてもきっと言わないよね。

でも、このにゃんは、
命もらって、まっ、頑張らないで生きてみよっかな。
って思ったのかもしれません。

人間と同様、にゃんにも心の動きがあるんだと思いますよ。
Posted by blacksally at 2010年01月11日 05:08
あの時私はいっぱいいっぱいでサヴァンちゃんを救う事が出来なく、
でも気になって気になって、ついキラリンさんに言ってしまい
すぐにすぐに救ってくださいましたね。
あの時はキラリンさんもサヴァンの状態に本当に苦労しましたね。
でも今ではオシッコも自力で出来、本当に良かった☆
これからサヴァンも徐々に良くなりますよ、キラリンさんの愛情をもらってね。
Posted by ニャジラ母ちゃん at 2010年01月11日 13:16
☆blacksallyさま

初めまして♪こんにちは。書き込みありがとうございます。
猫がちよっとでも喋ってくれると助かるんですけどね~

どんな状態でも、目がシャキッとしている猫に比べて
この子は目がどんよりとしてたので、
迷ってしまいました。

でも今は仰られる通り、頑張らないで生きてみよっかなみたいな
ホントそんな感じです。のほほーんとした雰囲気です。
流れに身を任せ、抵抗せず生きてゆく、
そんな生き方もあるんですね。この子に教わった気がします。
ありがとうございました。



☆ニャジラ母ちゃん 様

こんにちは。お忙しいのに書き込みありがとうございます。
なんだか、この子もニャジラ母ちゃんさんから
ぶんどってしまったような・・私は前科二犯の猫ドロです。

下半身不随?イケるやろ!?なノリで引き入れた
私に問題があるんです。まさか、あそこまで重症だったとは・・
獣医さんにもこっぴどく怒られました、
サヴァンの尻尾もちぎれました、でもそんなトホホな時に
ニャジラ母ちゃんさんが、いつも励まして下さいましたね。
手術の件のお申し出もありがとうございました。

ニャジラちゃんの動画を見て驚いていましたが、この子も
同じように自力で歩き始めるとは思いませんでした。
動物の生きる力って、すごいですよね。

また悩んだり、迷ったりする事も多いと思いますが、
その時はまたどうぞよろしくご指導下さい。
Posted by きらりん母ちゃん at 2010年01月11日 15:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「生きること」を望まない猫っていると思いますか?
    コメント(5)