雪降る日にきた猫

2009年12月30日

驚愕の事実、今年は残る所あと1日・・
皆さん、いかがお過ごしですか?

今年最後の猫は王冠茶々丸王冠で~す。




9歳の男の子、我が家のボス猫でありますっ。
たくさん猫を飼っていると、何かと小競り合いが始まるのですが、
この子がすーっと割って入ると、あ~ら不思議音符
「ヤバイ・・」「兄ちゃんが来た」と解散していきます。

決して激しい性格ではないのですが、ボスの器なんでしょう、
皆から慕われています。

この子は9年前の大晦日、南国にしては珍しい雪の降る日に
兄妹で捨てられました。
猫を捨てるのに良いも悪いもありませんが、何も大晦日、
何も雪の降る日でなくとも良いと思いませんか?


妹の方はもともと「メス猫が欲しい」という人がいたので、ノミ落としと
血液検査でOKをもらって、お試し飼いに入り、そのままめでたく
譲渡されましたハート

しかし残った茶トラ、我が家はもう入れるスペースがなく、
風邪があるので獣医さんからも預かりを断られ・・
「妹だけでも幸せになったので良しとしよう」と言い聞かせ、
涙・涙で帰宅しましたタラーッ

しかしやっぱり気になる・・夜にそっと行ってみました。
昼間と同じ場所でうずくまり、鳴き疲れていました。
手足はとうに冷たくなり、体とヒゲには雪が積もっていました雪
一旦見捨てた私は、捨てた人と同じ位残酷な人間なのかもしれません。

慌てて抱き上げると、素人にも分かる位、胸に奇形がありました。
「妹だけ幸せになって、兄が雪の中で死んでゆくのはイカンやろ」と
連れて帰り現在に至ります。

我が家に来た数日後・・



骨の奇形が心臓を圧迫するらしく、育たないかもしれない、
突然死をするかもしれないと言われつつ
もう9年も生きてくれています。

妄想屋の私は想像します。
女子捨てた人A
「あー今年も今日で終りね~、あの猫たちを捨てて
すっきりと新年を迎えましょ」ムカッパーンチ

男子捨てた人B
「あー今年も今日で終わりかぁ。あっそうだ、あの兄妹を野に放す(捨てる人の常套句)のを忘れてた、大晦日だしちょうど良い日だな。
おっ雪だ、お前達、頑張って生きろよっ」ムカッパーンチムカッパーンチ


新年、ワンニャンと皆様に幸せが訪れますように。
一匹でも多くの命が救われますように・・

どうか・・厳しい世で必死に生きる動物達と、その命を救う人々に
光がふりそそぎますように。星星
皆様、良いお年をお迎え下さいませ。


Posted by きらりん母チャン at 18:43 │Comments( 2 )
この記事へのコメント
うぐぐ茶々丸カワイイ(^^♪

捨て猫をほっとけない気持ちわかります。
私もきっと同じ立場なら全部持って帰ります・・・

我が家の三本足の仔は右後ろ足がありません。
生まれながらの奇形で私は一年間この仔に手を差し伸べることが
できなかった・・・本当に冷たい人間なんです。
決断ができなかったんです・・・ 

今は我が家の猫として元気に暮らしています。
この仔のことは「くろぐろさんちの猫日和」に書いてますので
お時間のあるときにみてください。
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2009年12月30日 20:30
☆ごえちゃん 様

こんばんは~。早速ですが、ルーちゃん見ました!
一人で涙、涙です。
よく勇気を持って入れられましたね、すごいです。

障害を持った動物って、最初入れるのに勇気が必要ですよね、
お気持ちよく分かります。しかし入れたら、可愛いこと
可愛いこと♪ 迷ってた自分がウソみたいです。

あまり自分を責めないで下さい。ルーちゃんの目が
今の幸せを物語っています。ごえちゃんさんも幸せですよ、
本当、こんな天使みたいな子がいるんですね。

我が家も3本足の子がいます、左前脚の壊死がひどく
断脚しました。でも猫って自分の運命を受け入れて
生きようとするんですよね・・人間は負けてしまうと思います。

仲間(?)と呼んで差し支えないでしょうか、
今年、ごえちゃん様と出会って良かったです。
ルーちゃんのおかげだと思います。
ルーちゃん、ありがとう・・
Posted by きらりん母ちゃん at 2009年12月30日 21:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
雪降る日にきた猫
    コメント(2)