スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

誉れを、君に。

2012年07月10日

皆さん、こんにちは。
今回は、悲しいお知らせをしなくてはならなくなってしまいました。

アニマルボンドさんからお預かりしていた、ジール君が、
7月5日(木)に、旅立ってゆきました。

ジール 「みなさん、ボクを応援してくれて、本当にありがとう!。ボク、最期まで頑張ったヨ」




心の整理がつかず、こんなにご報告が遅れてしまいました。
お詫び申し上げます。

6月末~7月に入り、痴呆などの症状はありましたが、
時間をかければ流動食も良く飲み、ハーネスをつけて外に出た事もありました。
その時、一緒に満月を見ました。
近所の方に、激励の言葉を頂いた事もあります。

外の空気を吸うと、気持ち良さそうな顔をするので、
これは、以外といけるんじゃないかと内心思っていました。

ひな「ジールは私が守るニャフンッ
「何から、誰から守るとや~」
ひな「母ちゃんの、ヘタな点滴ニャ」




7月4日。急に変な咳をするようになりました。
ゼコゼコ言っています。すごく、すごく嫌な予感がしました。

病院に走ると、レントゲンと腹部エコーをして下さいました。

エコーを見て、恥ずかしいのですが足が震えました。
素人でも分かるくらい、心臓の中いっぱいに、フィラリアがうごめいています。
もう、心臓がパンパンです。

獣医さんが、私に丁寧にお詫びをされた後、
「こんな数のフィラリアが心臓にいる状態は、滅多にないので
心苦しいお願いなのですが、スタッフに見せてよろしいですか・・」

スタッフの方全員がジールと私の周りに集まってきて、
お一人お一人が、心に刻んで下さいました。

ジール「ぼく・・獣医学に貢献した・・かな?」




診断は「フィラリア末期」との事でした。
とても苦しそうなジール。ゼコゼコ咳もですが、普通に息をするのもままなりません。

先生とお話しました。これからの事、選択肢について・・

①血圧を下げる薬を投与する、苦しいのが全部は取れないが
100苦しいのが70程度にはなる。

②もう手術もフィラリアを落とす薬も無理。治らないのにこの苦しみは残酷過ぎる。
安楽死を視野に入れる。この苦しみ方なら、「今」でも良いと思う。

考えがまとまらない中、血圧を下げるという薬を入れてもらいました。
効いたみたいで、少しは呼吸も楽になったようでした。

でもそれは一時しのぎ・・
安楽死以外、ジールを苦しみから開放するすべはありません。

先生に「時」について伺ったら、
「白目になって痙攣が続く」「苦しみもがいている」「意識がない」
これがジールの、「もう無理」のサインだそうです。

その夜、アニボンさんお二人が、お見舞いに来てくださいました。

気丈に振舞っておられましたが、お二人とも分かっていらっしゃったと思います。
生あるジールと会うのは、これで最期だと・・

ジール「助けてくれて、ありがとう!!!
自分を奮い立たせ、精一杯のいい顔をして、そう言っているように見えませんか?




「時」を決めるのは、私の役目にしてもらいました。

きらりん「ジール君、どうですか」
ジール「苦しいけど、あご乗せ最高」




その夜は、ジールにとって大変な一夜でした。
薬が切れて、また呼吸困難になり、
心臓が痛むのかうなり声も出します。

寝ていてもゼコゼコ咳をし、その間には痴呆の吠え方、
四肢をバタつかせ、排泄物を撒き散らし、意識が飛び飛びになります。

ちょっと異常な格好で、ぼーっとしています。




夜が明けるころ、ジールは疲れ果てたのか、浅い眠りに入りました。

すかさず点滴と投薬をして、すぐに獣医さんに連れてゆきました。
そう・・・この子を旅立たせるために。

我が家での、ジールの生ある最後の写真です。




7月5日。朝10時40分。
ジールは私の腕の中で、さめない眠りにつきました。

意識がなくなり、心臓も止まると、ジールはとっても穏やかな顔になりました。
これが本当の表情だったのかもしれません。

遺体は看護師さん方が、きれいにグルーミングして下さいました。
とっても、可愛いジール、愛おしくてたまりませんでした。

その夜、日付が変わる頃、アニボンさんのお二人が
会いに来て下さいました。
お二人とも働いているのに、深夜にこんな遠くまで来て下さり、頭が下がりました。

心なしか、ジールは誇り高そうな顔で、眠っていました。

翌日、エコセンターに行きました。
曇の中、時折日差しがさし、
アニボンさんから頂いたお花を四肢に抱き、私にはとても幸せな
旅立ちに見えました。セミの大合唱も、ジールを称えているように感じました。


7月9日(月)ジールとの再開の日です。

お骨は相当痛んでいました。
全部合わせても、猫くらいしかありません。
骨はスカスカ状態でした。

ただ、思いの外、歯と歯根がしっかりしていたので、
私達が思うほど、老犬ではなかったのかもしれません。

この子は、どんな飼い主さんに飼われ、どんな時間を刻んできたのでしょう。

アニボンYさん宅で1ヶ月、私の家で2週間。
ジールは本当に頑張りました。

後から見守っているのは、べテルです。
普段は態度の悪い猫ですが、神々しい名前をつけたせいか、
今回は見守ってくれていました。




ジールにたくさんの応援物資をお預かりしました。
この場にて、ご報告させて下さい。

Mさまより。オムツとペット用介護マット。




ペット用の介護マット、初めて見ました。暖かいお気持ちをひしひしと感じます。




ジール「うおーーっ、このマット、寝心地最高!!!




Iさまより、仔猫用の良いゴハンと、ペットシーツとオムツ・・
たくさんお預かりしました。写真はほんの一部です。




急変してから、一時間に一度もしくはそれ以上、オムツとシートを代えていました。
本当に本当に、ありがたく、また私は一人じゃないと心を強く持つ事が出来ました。

ハマコさんより、床ずれの薬・・最期まで、ジールの左足にぬりぬりしていました。
ありがとうございました。




使い切れなかった物資は、整理し、責任を持ってアニボンさんにお返しし、
次の子たちに使わせて頂きます。

そ・し・て・・ この写真はアニボンスタッフさんに「私達の事はいっちゃがームカッ」と怒られそうですが、どうか、紹介させて下さい。
アニボンさんから、ジールの為に、お預かりした物資です。




ご寄付もありますが、ほとんど、自費で買って下さったものです。
ゴハンや医療品、また消耗品。

ビニール袋やキッチンペーパー。
特にペーパーは水下痢の時は、一日に一本使っていました。

介護の経験から必要と分かっておられるのでしょう。
また私に負担をかけたくないと、細やかに物事を考え、準備して下さっているのが分かります。

ジールの点滴。命をつなぎました。




また、ご寄付も頂きました、本当にありがとうございました。

ジール「暖かい皆さん、アニボンスタッフのみなさん、サポーターずのみなさん、
本当に、本当に、ありがとう」ボク、この世に生まれて、良かったよ




*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

注目アニマルボンドさんは、一般の方からの、犬猫の預かり、持ち込みはお断りしています。
このように、犬一匹にしても、多大なお金と精神力がかかるからです。

各団体、預かりが出来ないのも、この理由が一番に挙げられます。

→「仔猫が生まれて困っている」「どうしても犬を飼い続けられない」
出来ない理由を並べるのは簡単です。
でも、自分が出来ない事を他人にやってもらうおうというのは、おかしな話です。
まして、医療費、フード、雑貨など、すべてご寄付とメンバーの自費なのですから。

行政の補助など、一円もありません。

出来ない理由を並べず、何とか、頑張ってみませんか?
動物は、自分の運命をすべて飼い主さん、あなたに、ゆだねています。
どうか、清い良心を保ち、踏ん張ってみませんか。

あなたの保護下にある、命。どうか共にいてあげて下さい。

注目獣医さん、アニマルボンドさん、そして私。
安易な安楽死は行っておりません。

各々が考え抜き、道を模索し、数時間後、また数日内に亡くなる可能性が高く、助けるすべもない。死ぬまで苦しみ(痛み)が続くと診断された時のみ、
初めて、安楽死を視野にいれます。

どうか、皆様と動物の良い関係が続きますように・・
  

Posted by きらりん母チャン at 19:25 Comments( 8 )