命の炎をほとばしらせた子

2012年05月05日

動物を愛する皆さん、こんにちは!
(・_・)/\(・_・)

今回は、ちょっと悲しいけれど、
命を最期まで輝かせた、仔猫のお話です星キラキラ

おととい深夜
超仔猫を預かることになりました。
体重90g へその緒付き、推定男の子(多分)。


カイロで温めながら、連れて来て下さったのですが
まずい事に、体が冷えていました。
正直、今夜持つかな・・という感じでした。


ぐったりしています。
暖め続け、無理矢理ミルクを飲ませるしか
出来る事はありませんでした。


するとビックリ、小さな声ですが、
ニャーニャー鳴き始めましたオドロキ

その声に反応したシェンロン
仔猫の首を咥えて箱から出し、
励ますように舐め始めました。


「生きろ!!!」


仔猫もシェンロンにすがりつきます。


昨日。
ミルクの飲みが、どんどん悪くなってきました。
暖めても体温が上がらず、
手足やお腹が紫色になってしまいます

同室の、ビビ ちゃらん ぽらん シェンロン
この4匹が揃う姿を、初めて見ました。
一階の子達みたいに、会議をしているようです。
 

ちゃらん「あいつ、生きて欲しいな・・キョロキョロ


昨日の夕方から、重篤な状態になりました。
注射器でミルクを1滴ずつ入れますが、
飲み込む力がありません・・

不整脈、痙攣も始まりました。
肩で息をしています。

でも・・それから12時間も生き、
今朝7時30分、旅立ってゆきました。

雨に打たれていたとの事で、せめて違う場所だったら・・
あと半日、早ければ・・
何より、私にもっと経験があれば・・
悔いが残ります。

最期まで、命の炎を
ほとばしらせたこの仔猫。
うちにきてくれて、ありがとう。

心折れずに、頑張るからね!

  

Posted by きらりん母チャン at 19:31 Comments( 11 )