皆さん、ありがとう・・・ ~小春~

2011年09月05日

いつもと何も変わらない金曜日の午後、
小春が、突然旅立ってゆきました。

何の前触れもない、急な旅立ちで、お別れも言えませんでした。

小春のお気に入りの場所で、眠っているような
冷たくなった遺体を、
抱いて泣く事しか出来ませんでした。


土曜日に空に送りました。

お経を上げて下さった方は
「今度は五体満足で生まれ変わってきてくれるように
願いながら、上げさせて頂きました」と
仰って下さいました。


脊髄損傷で、体の3分の2が動かなかったけど、
「前脚だけで這う」という動作で9年間生きた仔、
どんなに、小春に「命の強さ」を学んだか計り知れません。




獣医さんにご挨拶の電話をしたら、
「心筋梗塞による突然死ではないか、これまで良く頑張りましたね」
と仰って下さいました。


最期の時に、一緒にいられなかったけれど
仲間達に囲まれて旅立ったのだと思うと、少し救われます。

甘えんぼゆーたは、小春が大好きだったので
遺体から離れたがりませんでした。

「姉ちゃん、起きてよ~ 遊んでよ~」
ゆーたの、いつもの耳チュパチュパをする姿が、
2匹の絆を表していました。
冷えた遺体に、いつまでも、いつまでも・・


小春が、生まれ変わった時、
また私を選んでくれるように、小春に恥じないような
生き方をしたいと思います。

皆さん、この子を知っていただき、
ありがとうございました。

どんなハンディを持った動物でも、生きる道が開かれますようにと
心から願いつつ・・   

Posted by きらりん母チャン at 18:35 Comments( 14 )